植毛ロゴ

植毛の種類

植毛にはどんな種類があるの?

植毛の方法にはいくつか種類があります。それぞれの方法によって費用も大きく変わってきます。

自分に合った植毛方法見つけることも、満足できる植毛を受けるためにも重要なことです。

マイクログラフト植毛法

頭皮に髪の毛が残っている部分(後頭部など)の頭皮ごと切りとって、その切り取ったものを(株)として1~2本ずつ植え付けて髪の毛を増やす方法です。より自然な生え際になるそうです。ちなみに切り取った頭皮部分は引きよせて縫い合わせるそうです。

FUT(フォリクラーユニットトランスプランテーション)法

切り取った頭皮を分けるときに、1つの毛穴から2本生えていれば無理して分けずに、2本を1セット(フォリクラーユニット)として分けるという方法です。
つまり本数で分けるというよりは、毛包ごとに分けるという方法です。
マイクログラフトにより手をかけた方法といった感じです。マイクログラフトと併用して用いられるケースも少なくないそうです。

ニードル式

植毛用の注射針状のものを使用して1つずつ植え付けていくという植毛方法です。
生え際や分け目部分の植毛希望者に向いています。注射針の角度を変えることで生え方を自在にデザインすることも可能となっています。
穴を開ける作業と植え込みの作業が1度にできるので、手軽な方法とも言われています。
穴も小さく、傷跡も目立ちにくく出血も少ないのが特徴です。

スリット式

まずはメスで薄毛状態の部分に切れ込みを入れます。そこへピンセットなどを用いて毛を1本ずつ植えこんでいくという植毛方法です。
毛を植えつけるときに方向などの自由が効かないので、デザイン性などは期待できません。
広範囲な部分の植毛に向いています。1度に沢山の毛を植毛することができるので、時間がかからずコストも低いです。
本来なら密集して髪の毛が生える部分が薄毛になっているという状態の方にはスリット式がオススメ。

ロボット植毛

コンピューターロボットによって、株の採取を行う植毛方法です。
採取のみ機械に任せて、小分け・植え付けはドクターがするというものですが、いずれ小分けから植え付けまで行うことができるようになる予定です。
時間がかからず患者への負担も最小限になり、採取箇所に傷跡が残らないという大きなメリットがあります。
他の植毛よりも高額ですが、いずれ全てロボット植毛に変更するだろうと言われています。